赤ちゃんに靴下は履かせたほうが良いの?

赤ちゃんに靴下は履かせたほうが良いの?

2016.01.24
ゆっこピ
赤ちゃんに靴下は履かせたほうが良いのでしょうか?特に冬場はエアコンを入れていても床付近は冷たく赤ちゃんの足も冷えてしまいます。
でも、赤ちゃんに靴下って履かせてはいけないと言う話も聞いたことありませんか?今回は結局のところ、赤ちゃんに靴下は履かせて良いのか記事にしました。

赤ちゃんの足が冷たい!

赤ちゃんの足が冷たい!

赤ちゃんの足が冷たい!と驚いたことありませんか?大人であれば足が冷たいと靴下を自分で履きますが、赤ちゃんの場合はそうはいきません。ふと触れた時にその冷たさにビックリするのです。
特に床が畳ではなくフローリングの場合は余計に冷たくて、可哀想になってしまいますよね。ただし、靴下を履かせるのはちょっと待って下さい!

足の裏は温度調整の役目

足の裏は温度調整の役目

実は足の裏というのは体温を調整する上で非常に重要な役割をしているのです。特に赤ちゃんは足の裏での体温調整が大人よりも活発です。冷たいのに汗をかいてることありますよね?
足の裏が冷たいからといって体が冷えているわけではありません。むしろ体がポカポカしている赤ちゃんが多いですよね、これは体が熱いので足の裏から温度を逃しているのです。

部屋が暖かければ履かせる必要無し!

部屋が暖かければ履かせる必要無し!

ですので、赤ちゃんの場合は靴下を履かせる必要はありません。冬場であっても部屋の温度が23度ぐらいあれば、赤ちゃんは特に寒くはないので靴下は履かせないでおきましょう。
ただし、部屋自体が寒い場合や外出する場合は靴下を履かせても問題はありませんよ。

靴下以外で暖める方法

靴下以外で暖める方法

足の裏が冷えていても問題は無いということですが、流石に足全体が寒いと体全体が冷えてしまうことがあります。その場合は靴下以外で足を温めましょう。
具体的にはレッグウォーマーや長ズボンを履かせることで足を暖かくすることが出来ます。足の裏にまでは到達しないので体温調整も上手く出来ますね。

このように赤ちゃんの足の裏が冷たいからといってすぐに靴下を履かせるのは、あまり良くないことのようです。体温調整が上手く出来ないと逆に風邪を引いてしまったりするので注意しましょう。

免責事項

関連カテゴリー

PAGETOP