葉酸って飲んだほうが良い?どんな効果があるの?

葉酸って飲んだほうが良い?どんな効果があるの?

2016.01.16
S・J
最近よく葉酸って言葉を耳にするのが多い方や、ママ友からおすすめされたって方いるのではないでしょうか。
聞いたことはあるけど葉酸とは一体何なのか……今回はそんな葉酸について記事にまとめたいと思います

葉酸とは

葉酸とは

そもそも葉酸とはどういったものなのでしょうか。

調べたところ、葉酸とはビタミンの一種でホウレンソウから見つかったことからその名前になったようです。
ビタミンB1の水溶性の葉酸は熱に弱く調理しにくいものらしいですね。妊娠に欠かせない葉酸は一日400μg(ホウレンソウ7束分)も必要なようですよ。

葉酸の摂る時期

葉酸の摂る時期

では、葉酸とは摂る時期は決まっているのでしょうか。また、それはいつごろから摂ればいいのかって疑問に思いますよね。
妊娠初期に摂取することで無脳症や二分脊髄といった神経管閉鎖障害のリスクを減らしてくれるそうです。

妊娠初期から12週目が一番良いとされていますが、赤ちゃんには大切な栄養素なので妊娠初期から妊娠中ずっと摂ったほうがいいようです。
また、サプリメントもあるようなので食べ物だけではきついですがサプリメントは赤ちゃんに影響のないものが多いようなので積極的に摂ってください。

葉酸の効果

葉酸の効果

なら葉酸は妊娠中どういう効果があるのでしょうか。

それは、赤ちゃんの成長の栄養摂取のみではなく先天性異常のリスクの軽減や貧血やつわり症状の軽減もしてくれるようです。
また、授乳中も摂取し続けることで赤ちゃんの成長の遅れも軽減されるそうです。

そして、葉酸が不足すると疲れやすく貧血が起きやすくなり葉酸不足になってから4か月後に症状が現れだしてなかなかわからないようです。
また、認知症や聴力障害や動脈硬化などの病気も予防してくれる効果が期待出来るみたいですね!

葉酸についてまとめ

葉酸についてまとめ

このように見てみると葉酸は普段から摂取するのがいいようですね。
葉酸を摂取することによる副作用は特に無いようですが、敏感な時期ですので容量を守って過剰摂取はしないようにしましょう。

葉酸はドラッグストアやベビーグッズのショップに販売されていますので、皆さんも是非摂取してみてはいかがでしょうか。

免責事項

関連カテゴリー

PAGETOP