妊娠しやすい体を作るベストな食材って?

妊娠しやすい体を作るベストな食材って?

2016.01.23
mamie
妊娠する際に赤ちゃんを受け入れる万全の体で臨みたいですよね。妊娠しやすい体を作って元気な子を産みたいと誰でも思うことだと思います。
今回はそんな妊娠しやすい体を作るベストな食材についてまとめていきたいと思います。

まずはビタミンB

まずはビタミンB

赤ちゃんの発育には欠かせない葉酸などを含むビタミンB群は不足している人は摂取している人に比べて56パーセントも妊娠率が低下するようです。
ビタミンBは流産のリスクを抑えたり早産のリスクも軽減されますし受精と着床率も上がります。大豆やホウレンソウなどにビタミンBは多いので摂取してください。
ビタミンBは炒めたり茹でることで多少減ってしまいますので、ほうれん草はサッと20秒ほど茹でる程度にしましょう。

鉄分不足になることが多い!

鉄分不足になることが多い!

月に一度月経などで貧血になりがちな女性の体にはやはり鉄分不足が気になると思います。特に妊娠することで鉄分の不足が一層進んでしまうようです。
貧血を防ぎ規則正しい月経を保ち、赤ちゃんのベットとなる子宮内の粘膜にも鉄分は必要不可欠なようですね。レバーやカツオ、肉類などの鉄分の多い食材を摂取しましょう。

タンパク質の中でも植物タンパク

タンパク質の中でも植物タンパク

タンパクには動物性タンパクと植物性タンパクがありますが動物性タンパクは肥満の元にもなり妊娠しにくい体を作りがちです。
大豆や豆、ナッツ類などは植物性タンパクが豊富でビタミンやミネラル、食物繊維も豊富なバランスの良い食べ物です。良質なタンパクを摂ることで体の体調を整えて妊娠しやすくなるようですね。
ただし、ナッツ類はカロリーが高いものが多く、食べ過ぎると肥満のもとになりますのでほどほどにしておきましょう。

バランスよく摂り入れよう

バランスよく摂り入れよう

妊娠しやすい体を作るには上記の栄養素をバランスよく摂り入れることが重要です。短期間でたくさん採ったからと言って意味はありませんので毎日摂取しましょう。
と同時に、ご飯を3食食べることも重要です。毎日の食事は、栄養素もご飯のタイミングもバランスよく摂り入れましょう。

免責事項

妊娠しやすい体を作ろう!まずは食生活が大事!

妊娠しやすい体を作ろう!まずは食生活が大事!

誰もが一度は妊娠について考えたことがあるのではないでしょうか。将来子供が欲しいなって方も多いと思います。 子供が欲しい!そう思ったら妊娠しやすい体作りを始めてみましょう。 そもそも妊娠しやすい体作りって?結論から言って

u_k

2016.01.13

関連カテゴリー

PAGETOP